カテゴリー・アーカイブ [私たちのぶどう園 ]

集大成と改修工事

いよいよ9月です。

先月は先陣を切って農家さんが栽培してくれたデラウェアを少しだけ仕込みました。
併設カフェ限定のワインになるのですが、完熟で状態もよく出来上がりが楽しみです。

20170912-1.jpg

自社畑の収穫は下旬からを予定しています。
栽培管理も最後の大詰め。一年の集大成はもうすぐです。

20170912-2.jpg

20170912-3.jpg

さて、少し前のですが、ワイナリー売店の改修工事を行いました。
空調を入れ、庭園や圃場へ続く大戸にガラスを入れ、入口のドアを大きく新調。
これで夏場は涼しく、冬場は少し暖かくお買い物や試飲をお楽しみ頂けるのではないかと思います。

20170912-4.jpg

20170912-5.jpg

醸造と圃場を行ったり来たりする毎日ですが、
怪我なく楽しみながらヴィンテージを乗り切りますように。

2017.09.12 10:31 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

色付きの季節

8月に入り畑の葡萄畑も少しずつ色付いて来ました。
特に赤系品種の畑では宝石箱の様相です。

ヴェレゾン(Veraison)と呼ばれるこのステージでは、
果粒の軟化、透明化と着色、リンゴ酸や酒石酸などの酸の減少、
そしてブドウ糖と果糖が増加して行きます。

開花が遅かった分、例年に比べると少し遅い生育ですが、
ここまで葡萄達はととも健やかに育っています。

自社畑の収穫はもうしばらく先。
しっかり観察し、最後まで気を抜かず育てて行きたいと思います。

20170807-1.jpg

20170807-2.jpg

20170807-3.jpg

2017.08.07 15:15 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

お盆中の営業とヴェレゾン

気付けば7月が終わろうとしています。
7月は栽培管理が最も重要な月。早朝から夕方までずっと畑での生活です。

雨の少なかった梅雨も開け、圃場では例年より早く色付きの季節を迎えています。
色が変わって行く様はまるで宝石箱の様相。

収穫はもうしばらく先ですが、しっかり観察し、
気を抜かずにしっかり育てて生きたいと思っています。

8月下旬には少量ですが仕込みもはじまります。
また、お盆中の8月11日(木)は定休日ですが通常営業しております。
観光や帰省の際、ぜひお立ち寄りください。

20160731-1.jpg

20160731-2.jpg

2016.07.31 21:43 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

収穫を迎える自社圃場

たくさんのお客様で賑わったシルバーウィークも今日で終わり、
今週末から自社畑の収穫が本格的にはじまります。

農家さんのブドウなど既にタンクで醗酵中のワインもあり、
醸造場と圃場を行ったり来たりする毎日ですが、
一年間の集大成、気を引き締めて臨みたいと思います。

しかし毎年のことですが、
畑からブドウがなくなって行くのは少し寂しいです。

20150923-1.jpg

20150923-2.jpg

20150923-3.jpg

20150923-4.jpg

20150923-5.jpg

2015.09.23 13:20 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

お盆中の営業とヴェレゾン

梅雨も明け、早くも8月になりました。
今月下旬には少量ですが仕込みもはじまります。

さて、お盆中の8月14日(木)は定休日ですが通常営業しております。
観光や帰省の際、ぜひお立ち寄りください。

圃場では色づきの季節を迎えています。
色が変わって行く様はまるで宝石箱のようです。

ヴェレゾン(Veraison)と呼ばれるこのステージでは、
果粒の軟化、透明化と着色、リンゴ酸や酒石酸などの酸の減少、
そしてブドウ糖と果糖が増加して行きます。

収穫はもうしばらく先ですが、
気を抜かず少し駆け足で育てて行きたいと思います。

20140803-1.jpg

2014.08.03 18:58 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

農作業お手伝い募集

---------------------------------
定員となりましたので募集終了とさせて頂きます。
ありがとうございました。(2014.6.19追記)

---------------------------------

ブドウも結実のステージを迎え、これから少しずつ大きくなっていきます。
今年で3回目、自社畑のメルロー、バルベーラへの傘かけをお手伝い頂ける方を募集します。

傘掛けは房に傘をかけることで雨を除け、ベト病や晩腐病から房を守ります。
単純作業ですが、非常に根気が必要とされる作業の上、暑さとも戦わなければなりません。

募集要項は以下の通りです。

日付 : 2014年6月28日(土曜日)
時間 : 9:00~16:00頃まで
場所 : 甲斐ワイナリー北畑圃場(通常非公開)
定員 : 40名様程度
会費 : 無料
備考 : 畑での昼食、作業終了後のお疲れ様会も予定。
必要な物:作業着。帽子、タオル、サングラスなど日焼け対策。虫刺され対策。
あると便利な物:傘紙を入れるポーチ。マイホチキス。

6~7月の主な畑作業となる傘かけは、根気が必要な作業です。
天候によっては炎天下での作業になりますので、日焼け対策は充分にして下さい。
決して楽な作業ではありませんが、畑仕事の後のお酒と食事は美味しいですよ!
(ただ、ドライバーの方はお酒飲めません…)

当日の流れは以下のような感じとなります。

08:53 電車の方は塩山駅集合(新宿7:30発のかいじがちょうど良いです)
09:00 ワイナリーへ移動、準備
09:15 車で圃場移動
09:30 作業開始
12:00 お昼休憩(圃場にて)
16:00 作業終了後ワイナリーへ移動
16:15 温泉でさっぱり
17:30 お疲れ様会(併設カフェ古壺を予定)


お手伝い頂ける方は、以下のテンプレートに記入頂き、メッセージにて甲斐ワイナリー、もしくは風間聡一郎までご連絡下さい。

過去にお手伝い頂いた方には既にお声を掛けさせて頂き、
今日現在で20数名に手を挙げて頂いております。
定員がございますので定員漏れの場合はご了承下さい。

お手伝い頂ける方は、以下のテンプレートに記入頂き以下までご連絡下さい。
尚、定員がございますので定員漏れの場合はご了承下さい。

お名前:
ご住所:
携帯番号:
メールアドレス:
交通手段:電車/車
FaceBookでの連絡:可/不可
FaceBookアカウント:

甲斐ワイナリー 担当風間聡一郎
s.kazama@kaiwinery.com

20140612-1.jpg

20140612-2.jpg

20140612-3.jpg

2014.06.12 19:18 | イベント情報, 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

ブドウの花の優しい香り

先月末にメルローが開花。
今は甲州が満開を迎えようとしています。
また作業が遅れがちになってきている畑は、
なんともいえない優しい香りに包まれています。

ブドウは開花から100日前後が収穫の目安とされていますので、
生育も折り返し地点といったところでしょうか。

花の時期が終わると果粒が徐々に肥大し、
いよいよブドウらしい形を形成していきます。

関東地方は今日から梅雨入り。
ジメジメした季節を乗り越えて収穫まで元気に育つよう、
しっかり管理をして行きたいと思います。

20140605-1.jpg

20140605-2.jpg

20140605-3.jpg

20140605-4.jpg

2014.06.05 16:04 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [1] | 全文表示

新緑の季節

5月も半ばが過ぎ、畑も景色も新緑に包まれて来ました。
遅れて過ぎていた畑の作業もようやく追いつき、
ここからまたじっくり成長を見守ることができそうです。

看板ワインのシュールリーやキュベかざま甲州、
カフェ限定のデラなど、昨年醸造の白ワインも瓶詰めが終了し、
少し落ち着かせてから発売する予定ですので、
乞うご期待ください!

新緑とそよ風。
梅雨や真夏を迎えるまでのこの季節は、
畑に出るのが気持ち良いです。
ぜひブドウ畑を散策しにいらして下さい。

20140519-1.jpg

20140519-2.jpg

20140519-3.jpg

20140519-4.jpg

20140519-5.jpg

20140519-6.jpg

2014.05.19 11:19 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

色付きの季節

今年もメルローを皮切りに、バルベーラ、甲州と自社畑で栽培している全ての品種が着色期を迎えました。

ヴェレゾン(Veraison)と呼ばれるこのステージでは、
果粒の軟化、透明化と着色、リンゴ酸や酒石酸などの酸の減少、
そしてブドウ糖と果糖が増加して行きます。

例年より少し早い着色期の訪れでしたが、
雨の少なかった梅雨、連日の猛暑を乗り越え、
今年も非常に良い状態で生育ステージが進行しています。

収穫まではまだもう少し先ですが、
猛暑にもゲリラ豪雨にも負けず管理して行きたいと思います。

メルロー
20130731-1.jpg

甲州
20130731-2.jpg

バルベーラ
20130731-3.jpg

2013.07.31 14:07 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

農作業お手伝い募集

---------------------------------
予定人数を越えるお申し込みを頂きましたので、募集終了とさせて頂きます。
ありがとうございました。(2013.6.8追記)

---------------------------------

ブドウも結実のステージを迎え、これから少しずつ大きくなっていきます。
昨年に引き続き、自社畑のメルロー、バルベーラへの傘かけをお手伝い頂ける方を募集します。

傘掛けは房に傘をかけることで雨を除け、ベト病や晩腐病から房を守ります。
単純作業ですが、非常に根気が必要とされる作業の上、
暑さとも戦わなければなりません。

20130608.jpg

募集要項は以下の通りです。

日付 : 2013年6月29日(土曜日)
時間 : 9:00~16:00頃まで
場所 : 甲斐ワイナリー北畑圃場(通常非公開)
定員 : 20名様程度
会費 : 無料
備考 : 畑での昼食、作業終了後のお疲れ様会も予定。
必要な物:作業着。帽子、タオル、サングラスなど日焼け対策。虫刺され対策。
あると便利な物:傘紙を入れるポーチ。マイホチキス。


6~7月の主な畑作業となる傘かけは、根気が必要な作業です。
天候によっては炎天下での作業になりますので、日焼け対策は充分にして下さい。
決して楽な作業ではありませんが、畑仕事の後のお酒と食事は美味しいですよ!
(ただ、ドライバーの方はお酒飲めません…)


当日の流れは以下のような感じとなります。

08:53 電車の方は塩山駅集合(新宿7:30発のかいじがちょうど良いです)
09:00 ワイナリーへ移動、準備
09:15 車で圃場移動
09:30 作業開始
12:00 お昼休憩(圃場にて)
16:00 作業終了後ワイナリーへ移動
16:15 温泉でさっぱり
17:00 お疲れ様会(併設カフェ古壺を予定)


お手伝い頂ける方は、以下のテンプレートに記入頂き以下までご連絡下さい。
尚、定員がございますので定員漏れの場合はご了承下さい。

お名前:
ご住所:
携帯番号:
メールアドレス:
交通手段:電車/車
FaceBookでの連絡:可/不可
FaceBookアカウント:

甲斐ワイナリー 担当風間聡一郎
s.kazama@kaiwinery.com

2013.06.08 07:51 | イベント情報, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

開花前のブドウ畑

遅れていた2012年醸造の白ワインの瓶詰めを全て終えました。
少し落ち着かせてから、今月末か6月頭に発売したいと思っています。

リリース予定のワイン全部で7種類。
看板ワインになりつつあるシュールリーや、2年振りにロゼワインも。
詳しくはまたお知らせいたします。

畑では陽気に誘われて新梢はスクスク伸び、
もう少しするとメルローを皮切りに開花が始まります。
徐々に忙しさの増してくる畑作業ですが、
この時期は年間を通じて気持ちよく過ごせる時期。
秋の収穫を妄想しながらゆったり仕事をしています。

20130519-1.jpg

20130519-2.jpg

20130519-3.jpg

20130519-4.jpg

20130519-5.jpg

2013.05.19 17:15 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

春の畑作業

ここ数日で一気に春めいてきましたね。
ようやく全ての畑で剪定作業が終わりました。
ぶどうの樹が水を揚げ、剪定した枝からポタポタ滴り落ちています。

ここ数日は新しい畑へ樹を移植する作業。
一日延々と樹を掘り起こし、穴を掘って植えていきます。
平行して剪定した枝を集めては燃やし集めては燃やし。

さらに平行して垣根畑のワイヤーテンションの調節。
緩んでしまったワイナリーを締め直します。
支柱も少し補強するので、資材を揃えてまた穴掘り。

その後は誘引。
芽が出る前に終わらせたいところですが…。

この時期の畑作業は毎年押せ押せです。
毎年畑を少しずつ増やしているのも理由のひとつですが、
なかなかのんびりした性格を治せません。
春眠暁を覚えずですが、今日も畑へ。

20130321-1.jpg

20130321-1.jpg

20130321-3.jpg


2013.03.21 08:56 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

仕込みも終盤、今年のブドウ達

今年は開墾からはじめた新しい自社圃場が全て三年目を迎え、
ようやく収量を見込める事が出来る年となり、栽培管理が正念場となる一年でした。

傘掛けや収穫をお手伝い頂いたりしながらも、どうにか乗り越えたヴィンテージ。
先日、全てのブドウの収穫が終わり、一年掛けて育てたブドウ達は畑から醸造場へ。
葉っぱしかなくなった畑は少し寂しく映ります。

芳香の漂う醸造場では、ほぼ全てのタンクで発酵が起こっているところ。
ワインとなるまであと一息です。

以下、今年のブドウ達です。
収穫時期が早い方から、メルロー、甲州、バルベーラの順で載せています。

20121018-1.jpg

20121018-2.jpg

20121018-3.jpg

20121018-4.jpg

20121018-5.jpg

20121018-6.jpg

20121018-7.jpg

20121018-8.jpg

20121018-9.jpg

2012.10.18 12:01 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [1] | トラックバック [0] | 全文表示

色鮮やかな畑

メルローを皮切りに、バルベーラ、甲州と全ての品種で着色期を迎えました。

ヴェレゾン(Veraison)と呼ばれるこのステージでは、
果粒の軟化、透明化と着色、リンゴ酸や酒石酸などの酸の減少、
そしてブドウ糖と果糖が増加して行きます。

梅雨明けから晴天に恵まれる日が多く、ここまでは非常に良い状態で生育しています。
収穫のその日まで気を抜かず、ゲリラ豪雨にも負けずに見張りいと思います。

甲州
20120818-1.jpg

20120818-2.jpg


バルベーラ
20120818-3.jpg

20120818-4.jpg


メルロー
20120818-5.jpg

20120818-6.jpg

2012.08.18 15:26 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

傘かけの会

昨日は傘かけの会。

21名の方々にお手伝い頂いて、あっと言う間に8000枚以上の傘が掛かりました。
ご参加頂いた皆さん本当にありがとうございました。

作業終了後はお風呂と夕飯とワイン。
やっぱり畑作業のお酒は格別だったのではないかと思います。

畑作業をお手伝い頂くのは初めての事だったので、
至らぬ点も多々あったかと思いますが、
またこのような機会を作れればいいなと考えています。

傘を掛けてもらったブドウは、収穫するその日まできっちり育て、
また皆さんに楽しんで貰えるワインを造らなければと身が引きしまる思いです。

ありがとうございました!

20120708.jpg

2012.07.08 18:17 | イベント情報, ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

農作業お手伝い募集


---------------------------------
予定人数を越えるお申し込みを頂きましたので、募集終了とさせて頂きます。
ありがとうございました。(2012.7.2追記)

---------------------------------

自社畑の傘かけをお手伝い頂ける方を募集します。

私達の園でははじめての試みとなる畑作業のお手伝い募集。
今年三年目を迎えるメルローとバルベーラの垣根仕立ての圃場で、
ブドウの房を雨から守るための傘かけ作業です。

20120625.jpg
(左がメルロー、右がバルベーラ / 撮影2011年7月)


募集要項は以下の通りです。

日付 : 2012年7月7日(土曜日)
時間 : 9:00~16:00頃まで
場所 : 甲斐ワイナリー北畑圃場
定員 : 20名様程度
会費 : 無料
備考 : 畑での昼食、作業終了後のお疲れ様会も予定。少雨決行です。
必要な物:作業着。帽子、タオル、サングラスなど日焼け対策。虫刺され対策。
あると便利な物:傘紙を入れるポーチ。マイホチキス。


7月の主な畑作業となる傘かけは、根気が必要な作業です。
天候によっては炎天下での作業になりますので、日焼け対策は充分にして下さい。
決して楽な作業ではありませんが、畑仕事の後のお酒と食事は美味しいですよ!
(ただ、ドライバーの方はお酒飲めません…)


当日の流れは以下のような感じとなります。

08:53 電車の方は塩山駅集合(新宿7:30発のかいじがちょうど良いです
09:00 ワイナリーへ移動、準備
09:15 車で圃場移動
09:30 作業開始
12:00 お昼休憩(圃場にて)
16:00 作業終了後ワイナリーへ移動
16:30 お疲れ様会(併設カフェ古壺を予定)


お手伝い頂ける方は、以下のテンプレートに記入頂き以下までご連絡下さい。
尚、定員がございますので定員漏れの場合はご了承下さい。

お名前:
ご住所:
携帯番号:
メールアドレス:
交通手段:電車/車
FaceBookでの連絡:可/不可
FaceBookアカウント:

甲斐ワイナリー 担当風間聡一郎
s.kazama@kaiwinery.com

2012.06.25 20:53 | イベント情報, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

開花秒読み

山梨ではそろそろブドウの開花を迎えます。
甲州、メルロも今週中には咲きそうです。

圃場では伸びてきた新梢をワイヤーに固定する誘引作業が続いていますが、
ブドウの花に香りに包まれながら気持ちよく作業する事が出来そうです。

20120530-1.jpg

20120530-2.jpg

20120530-3.jpg

2012.05.30 09:36 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

今季も折り返し地点

10月に入り朝晩は寒さを感じる季節となりました。
メルロの収穫からはじまった2011ヴィンテージも仕折り返し地点です。

昨年はベト病に苦しめられた自社畑の甲州は、
例年の収量を大きく上回る豊作。
選りすぐりのブドウから発酵を経て、今年はどんなワインになるでしょうか。

まだまだ収穫や仕込みと慌しい毎日が続いていますが、
醸造場では発酵中のタンクが香り、畑では金木犀が香り、
秋の深まりを感じています。

以下、収穫したブドウの写真です。

20111002-1.jpg

20111002-2.jpg

20111002-3.jpg

20111002-4.jpg

20111002-5.jpg

20111002-6.jpg

2011.10.02 17:57 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

収穫間際

自社畑のブドウ達は色付きを深め、メルロはもうそろそろ収穫を迎えます。
メルロは栽培をはじめて三年目。今年がはじめての収穫。

まだ二年生の樹がほとんどなので、今年の収穫量は少ないですが、
支柱建てからワイヤー張り、苗植えなど全て自分達で行った畑。
感慨深いものがあります。
発酵、熟成を経てどんなワインになるのか、今から楽しみです。

ワイナリー隣接の甲州も収穫まであと二週間ほど。
独特なピンク色の房が日差しに映えます。

昨年はベト病の発生により収穫量が減ってしまいましたが、
今年はここまでは順調に育っています。
最後まで気を抜かず、収穫、仕込みに望もうと思います。

栽培しているもうひとつの品種、
バルベーラについてはまた改めてエントリーしたいと思っています。

20110913-1.jpg

20110913-2.jpg

20110913-3.jpg

20110913-4.jpg

20110913-5.jpg

2011.09.13 07:17 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

色付きの季節

自社畑のメルロが着色期を迎えました。

ヴェレーゾン(Veraison)と呼ばれるこのステージでは、
果粒の軟化、透明化と着色、リンゴ酸や酒石酸などの酸の減少、
そしてブドウ糖と果糖が増加して行きます。

6月の猛暑が嘘のように、8月にに入ってもそこまで気温は上がらず、
朝晩は非常に涼しい毎日が続いています。

ヴドウの着色は、昼夜の温度差などで決まってくるので、
こんな気候が続いてくれればな、と思っていますが、
きっと一筋縄には行かないのが農業ですよね。

もう少しすると甲州が色付きだし、
今月は少しだけデラウェアの仕込みもあるので、
いよいよ畑だけでなく、醸造場の仕事もはじまります。

20110802-1.jpg

20110802-2.jpg"

2011.08.02 18:31 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

猛暑の中でも元気なブドウ

まだ六月だということを忘れてしまう程の暑さが続いています。
九州南部などでは異例の早さで梅雨が明け、山梨でもここまではまずまずの降雨量。
猛暑は置いておいて、取りあえずこのままの天候が続くことを期待しています。

ブドウ園では誘引作業が毎日の日課になりつつあり、
開花を終え、結実したブドウが日々成長しています。
ここまでは目立った病気もなく、元気そのものです。

南畑三年目メルロ
20110629-1.jpg

棚甲州
20110629-2.jpg

試験園四年目バルベーラ
20110629-3.jpg

周りの景色もすっかり夏模様です
20110629-4.jpg

2011.06.29 14:48 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

ブドウの開花と和飲会

とても早い関東地方の梅雨入りと、とても早い沖縄の梅雨明け。
相変わらず毎年のように天候がおかしい気がしていますが、
畑のブドウはスクスクと成長を続けています。

ブドウは開花から100日前後が収穫の目安とされています。
写真は6月7日のものですが、例年より若干遅れて開花を迎えたブドウ達。

南畑メルロ
20110614-1.jpg

20110614-2.jpg

20110614-3.jpg

棚甲州
20110614-4.jpg

試験園バルベーラ
20110614-5.jpg

今日の時点で満開を過ぎた品種もありますが、
畑では爽やかな花の香りが漂っています。

ここまでは特に病気もなく順調そのものですが、
昨年のベト病の被害がトラウマになっていて、
また今年も発症しないか毎日天気予報と睨めっこです。


そして6月12日は、JwNさんの企画による「チャリティ和飲会」が奥座敷で開催。
30名ほどのお客様にお集まり頂き、私どものワインと松花堂弁当を初夏のひと時と共にお楽しみ頂きました。

会費の一部とチャリティーオクーションの売り上げは義援金として寄付させて頂きます。
寄付先や会の詳細はこちら
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

20110614-6.jpg

2011.06.14 12:18 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

畑の様子は

既に日中は初夏を思わせる陽気。
畑では蕾が形成されたブドウが日々成長しています。

今年は冬に雨が降らず非常に乾燥した状態が続いた為か、成育が遅れ気味。
この分だとブドウの開花も少し遅れそうな気配です。

醸造場での瓶詰めは来週で終わる予定なので、
その後はいよいよ畑に密着する毎日となります。

栽培中の品種、成長状況はこんな感じです。

南畑三年目メルロ
20110518-1.jpg

20110518-2.jpg

ワイナリー隣接の棚甲州
20110518-3.jpg

20110518-4.jpg

20110518-5.jpg

試験畑三年目バルベーラ
20110518-6.jpg

20110518-7.jpg

2011.05.18 17:15 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

萌芽はじまる

例年より若干遅れ気味だったブドウの生育ですが、
このところの暖かさで一気に萌芽がはじまりました。

写真は三年目になるメルロ。
今年は少しだと思いますが収穫出来る事を期待しています。

昨年はこの時期に雪が降ったりしていましたが、
今年はほとんど雨が降りません。

緑が深まるにつれて忙しさも増してきますが、
陽気に誘われるままに今日も畑で汗を流します。

写真後半の二枚は、庭先のリンゴと梨の花です。

20110418-1.jpg

20110418-2.jpg

20110418-3.jpg

20110418-4.jpg

2011.04.18 16:30 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

春の景色

今日は春の畑の風景とこの時期の作業をご紹介。
ブドウ畑の隣にある桃園では満開が近付いてきました。
6~7分咲きといったところでしょうか。

20110412-1.jpg

20110412-2.jpg

20110412-3.jpg


甲州の畑ではタンポポが咲き乱れ。

20110412-4.jpg

20110412-5.jpg


垣根の畑では誘引作業が続いています。

20110412-6.jpg

ビフォワー。
20110412-7.jpg

アフター。
20110412-8.jpg

2011.04.12 20:39 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

自社畑甲州の収穫

庭では金木犀の香り、醸造場では発酵する果汁の甘い香りが漂う10月。
9月下旬に行った自社畑の甲州の収穫の様子を。

自社畑の甲州は例年2,300キロ前後の収量を見込んでいますが、
家族4名で朝から日が暮れるまで収穫し、今年は2,000キロ弱の収穫量でした。

既に何度もお伝えしているように、色んな意味で今年は例年にない天候。
収穫したブドウがどんなワインに仕上がるのか楽しみです!

20101009-1.jpg

20101009-2.jpg

20101009-3.jpg

20101009-4.jpg

20101009-5.jpg

20101009-6.jpg

20101009-7.jpg

20101009-8.jpg

2010.10.09 18:52 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

色付きを深める甲州

9月上旬も終わりというのに、日中はまだまだ暑い日が続いています。
ワイナリー隣接の畑では甲州が色付きを深め、糖度も上昇中。
収穫まであと2週間というところでしょうか。

今年は春先の低温と降雨による病害の発生。
そして梅雨明けからの見事なまでの好天と高温。
近年稀にみるおかしな年でした。

確かに病気が出てしまうと収量は落ちてしまい、後悔が残る時もあるのですが、
広い意味でその年の天候を受け入れて、
その年だけのワインを醸造しようとポジティブに考えています。
収穫まであとわずかですが、気を引き締めて仕込みに望もうと思います。

20100912-1.jpg

20100912-2.jpg

2010.09.12 11:09 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [3] | トラックバック [0] | 全文表示

色付きを迎えた甲州ぶどう

大暑は過ぎましたが、まだまだうだるような暑さの山梨です。
ここにきて、ようやく自社畑の甲州葡萄が徐々に色付き始めてきました。

ヴェレーゾン(Veraison)と呼ばれるこのステージでは、果粒の軟化、透明化と着色、リンゴ酸や酒石酸などの酸の減少、そしてブドウ糖と果糖が増加して行きます。
この時期の天候が、その年のブドウの出来を左右すると言っても過言ではありません。

収穫まで一ヶ月とちょっと、陽の光をたくさん浴びて元気に育ってもらいたいところです。

20100816-1.jpg

20100816-2.jpg

2010.08.16 16:58 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

梅雨入り

今年も梅雨の季節がやってきました。
毎年の事ですので今更悲観する事はないのですが、
早くパッと明るい青空を取り戻して貰いたいところです。

そんな季節のブドウ園では、花が散り、
果粒が少しずつ大きくなってきました。
元気に梅雨を乗り切って、健全に育ちますように!

甲州
20100618-1.jpg

バルベーラ
20100618-2.jpg

緑色の甲州の棚
20100618-3.jpg

2010.06.18 15:33 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

開花を迎えたブドウ

安定しない天候が続いていましたが、
ここに来てようやく開花を迎えました。
例年より7日~10日ほどの遅れての開花です。

花が咲いたブドウ畑では独特な香りが漂います。
そんな香りを満喫しながら、初夏の日差の下、
今日もブドウ畑での作業が続きます。

甲州
20100605-1.jpg

試験園三年目バルベーラ
20100605-2.jpg

南畑二年目メルロ
20100605-3.jpg

2010.06.05 13:10 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

ブドウの蕾

季節は早くも五月の半ば。
畑では周囲の萌える様な緑に合わせるように、
新梢が伸び、蕾が形成されはじめました。

少し遅れ気味だった生育も少しずつ回復傾向。
今月終わりには開花を迎えるのではないかと思います。

試験園の緑
20100514-1.jpg

バルベーラ
20100514-2.jpg

甲州
20100514-3.jpg

メルロー
20100514-4.jpg

てんとう虫
20100514-5.jpg

2010.05.14 13:39 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

いよいよ萌芽

四月も半ばに入りましたが、不安定な天候が続いています。
今日は、午前中に河口湖に配達に行ったら雪が降っていました。
そうかと思えば20度を越える日もあったりします。

そんな2010年シーズンですが、今年も萌芽が始まりました。
これから春の陽気に誘われてグングン育ちます。
展葉を迎える頃には新緑の季節がやってきます。

今年はどんな年になるのか楽しみです。

試験園の三年目バルベーラ
20100416-1.jpg

甲州
20100416-2.jpg

試験園の二年目バルベーラ
20100416-3.jpg

2010.04.16 16:01 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

新規圃場開拓中

天気の良い日は20度を越えるなど、もう春はすぐそこ。
ここ数日は新しい畑の設営準備をしています。

ワイナリーの規模に見合った小さな畑ですが、垣根栽培の圃場です。
植える品種はバルベーラとメルロ。

圃場の場所はワイナリーから北に2キロほど行った所。
JR中央本線の線路沿いにありますので、
塩山から甲府に向かう際はちょうど右手に見る事が出来ます。

ひたすら穴を掘って、支柱を建てて、穴を埋めて行く単純作業の繰り返しですが、
春の陽気を感じながらのびのびと働いています。

20100306-1.jpg

20100306-2.jpg

20100306-3.jpg

2010.03.06 09:20 | 私たちのぶどう園 | コメント [5] | トラックバック [0] | 全文表示

甲州の寿命

僅かながら春の気配を感じるこの頃、畑では剪定の真っ最中。
今年の収量を決まる大事な作業です。

数年前から樹勢が落ちて来ていた樹があるのですが、
いよいよ最後の年を迎えそうです。

品種は甲州で、樹齢は50年ほど。
昨年もほとんどが結実しませんでしたが、
今年は更に結実が見込めない状態です。

樹を育てるのは時間が掛かるものですし、
もっと長くゆったりと育てる事は出来なかったのかと言う思いもありますが、
その最後まで見届けたいと思います。

20100222-1.jpg

20100222-2.jpg

20100222-3.jpg

2010.02.22 13:08 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

自社畑産甲州の収穫と仕込み

先月のお話しになってしまいましたが、
9月28日に自社畑の甲州の収穫を行いました。

8月から収穫まで続いた好天の影響で、
例年になく健全で上質なブドウが実りました。
酸も糖も申し分なく、ワインとしての出来上がりが今から非常に楽しみです。

収穫は朝7時30分から家族総出でスタート。
15時には2,500キロの甲州が収穫完了しました。

バタバタしていてあまり写真が撮れなかったのですが、
収穫から仕込みまで駆け足で。

ちなみに自社の畑のブドウを使ったワインは、
「キュベかざま」のシリーズとして来年リリースの予定です。

たわわに実った甲州
20091002-1.jpg

20091002-2.jpg

収穫は黙々と進みます。
20091002-3.jpg

収穫の終わったブドウ棚は少し寂しげ。
20091002-4.jpg

20091002-5.jpg

次々に除梗、破砕。
20091002-6.jpg

優しく果汁を搾り出します。
20091002-7.jpg

この後は、一晩タンクに置いて上積みの綺麗な果汁に酵母を加えて発酵スタート。
今年は色々新しい試みも取り入れていますので、乞うご期待ください!

2009.10.02 17:36 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

実りの秋まで一ヶ月

甲州ブドウは収穫まで残すところ約30日。
8月は晴天に恵まれ気温は若干低め、昼夜の温度差のある月でした。

冷夏の年の甲州は、酸の乗りが非常に良いとされていますが、
果たして今年はどうでしょうか。

順調な着色の甲州。

20090901-1.jpg

20090901-2.jpg

試験栽培のバルベーラは着色も進み、糖度もBrixで22%。
若干の病気もあったり、登熟の差があったり、本栽培に向けて試験は続きます。

20090901-3.jpg

20090901-4.jpg

2009.09.01 10:08 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

鳥がブドウを食べて行きます

長かった梅雨を挽回するように毎日好天に恵まれています。

試験中のバルベーラでは、着色の良い果粒の糖度を測るとBrixで18%。
この時期にしては上出来だと思います。

20090815-1.jpg

ただ、昨年に引き続き今年も鳥の餌食に。
教訓を活かして防鳥ネットを張ってあるのですが、
地面との僅かな隙間から入り込んでパクパクとしているようです。

鳥の野郎…。

20090815-2.jpg


甲州も場所によってバラつきはあるものの、順調な着色です。

20090815-3.jpg

20090815-4.jpg

2009.08.15 15:09 | 私たちのぶどう園 | コメント [5] | トラックバック [0] | 全文表示

バルベーラ、ヴェレーゾン

梅雨明け宣言の後の雨量が多く、日照時間も少なくちょっと苦しく感じています。
夏本番な天候を期待しつつ、天気予報と睨めっこな毎日です。

そんな中、試験畑のバルベーラがヴェレーゾンを迎えました。
ここから徐々に色付きを深め、糖度が上がって行きます。
今年の試験結果で本栽培を始めるかどうかの判断を行うつもりです。

20090730-1.jpg

20090730-2.jpg

なにはともかく、スカっと晴れて欲しいものです!

20090730-3.jpg

2009.07.30 09:59 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

梅雨明け

関東地方は今日梅雨明けの発表がありました。
平年より6日早く、昨年より5日早い梅雨明けです。

6月10日からの梅雨期間の合計降水量は86.0mm。
平年値は170mm前後なので、かなり雨は少なかったですね。

昨年は5月30日から6月19日までが梅雨期間。
期間が長かった事もありますが249mmの降雨量。
今年の雨の少なさが分かる数字です。

あとは台風とゲリラ豪雨が心配ですが、
このまま順調に収穫まで行って欲しいものです。

晴れた空の下、ブドウ園での作業はやっぱり清々しい!
だけどとても暑いです(笑)

20090714-1.jpg

20090714-2.jpg

2009.07.14 16:51 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

マメコガネと各圃場の様子

湿度は高いものの、それほど雨が多くない山梨。
明日からは晴れ間も増えそうな天気予報です。
このまま梅雨が明けてくれれば良いのですが。

ブドウ園では、各品種が順調に育っています。
バルベーラには去年に続いてマメコガネやドウガネブイブイが。
農薬を使わず捕殺していますが、きりがありません…。
どうやらスズメバチが天敵のようですが、さすがに怖くて飼えません(笑)

20090710-1.jpg

20090710-2.jpg

20090710-3.jpg


甲州はとても順調。

20090710-4.jpg

今年植えた苗もスクスクと伸びています。

20090710-5.jpg


メルロの新規圃場はこんな感じです。
さすがに一年目なので実をつけた苗は少ないですが、順調です。

20090710-6.jpg

20090710-7.jpg

2009.07.10 15:49 | 私たちのぶどう園 | コメント [6] | トラックバック [0] | 全文表示

育ち盛りのブドウ

今年は6月10日に梅雨入りした山梨は徐々に蒸し暑くなって来ています。
ここまではそれ程雨は降っていませんが、今年はこれからどうなるでしょうか。

ブドウ園では開花が終わり、果粒の肥大化が始まっています。
明日から花冠や受精しなかった花などを刷毛で落とす作業、
腐敗果や病気の原因となる花カス落としの作業が待っています。

バラ実な甲州もすくすくと育ちます。
20090614-1.jpg

20090614-2.jpg

バルベーラの生育スピードは予想より早いです。
20090614-3.jpg

20090614-4.jpg

2009.06.14 17:56 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

ブドウの開花が始まりました

晴れの日は気温もぐんぐん上がるこの頃ですが、雨の日は低温。
それでも昨日あたりからブドウの開花が始まりました。

これから一週間程度で満開を迎えると思いますが、
例年に比べると少し開花が早いです。

甲州。
20090524-1.jpg

20090524-2.jpg

二年目バルベーラ。
20090524-3.jpg

20090524-4.jpg

2009.05.25 12:37 | 私たちのぶどう園 | コメント [3] | トラックバック [0] | 全文表示

力強く育つブドウ

日中の気温が30度を越える日が増えてきました。
まだ五月ですが、夏なんじゃないかと錯覚します。

畑では新梢が伸び、房の梗も伸び、もう少しすると開花を迎えます。
毎年の事ですが、五月くらいから実りの秋まではあっという間。
ブドウがグングン成長していく様はとても力強いものです。

一年目メルロ。
20090513-1.jpg

甲州。
20090513-2.jpg

二年目バルベーラ。
20090513-3.jpg

2009.05.13 17:47 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

春の陽気と発芽状況

満開だった桜や桃に緑色の芽が出始めているこの季節、
山梨は一年で最も過ごしやすい時期です。

自社畑のブドウも芽吹きを向かえ、これから生育が始まります。
ここ数日特にそうですが、非常に暖かく例年に比べ発芽が早いです。

そんなブドウの発芽状況を撮影してきました。
生育具合はもちろんですが、品種によって芽の色が違います。

試験栽培二年目を迎えたバルベーラ。
20090413-1.jpg

今年新たに苗付けをしたバルベーラ。
20090413-2.jpg

今年から栽培を始めるメルロ。
20090413-3.jpg

そして甲州。
20090413-4.jpg

2009.04.13 14:13 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

苗植えと桃の花

ようやく苗植えが終わりました。
今年は試験栽培中のバルベーラを少し拡張、メルロと甲州を新たに植えました。
数年後の収穫を楽しみにゆっくり育てます。

桜に続いて桃の見頃も近づいて来ました。
近所の桃の木は7分咲きくらいでしょうか。
今週中には満開を迎えそうです!

20090406-1.jpg

20090406-2.jpg

20090401-3.jpg

20090401-4.jpg

2009.04.06 18:13 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

今日もまた整地

今日もまた新しい畑を整地中です。レンタルしたユンボも大活躍。
シャベルを使う私には半袖でも充分な陽気。
小さい畑ですが、垣根仕立てで栽培を行う予定です。

今週中に苗植えを行う予定だったのですが、誘引の作業もあったりで、
ちょっと作業が遅れ気味。苗植えは来週に延びてしまいそうです。

※追記
ユンボが故障して予定の半分で作業終了。
ますます押せ押せの作業すケージュルです。

20090318-1.jpg

2009.03.18 13:30 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

土の色、春の匂い

九州地方で桜が開花との事、ワイナリーでも鶯が鳴き始め春間近です。
畑でも水上げが始まりつつあり、もう少しすると誘引の作業が待っていますが、
今は新しい畑を作る作業に追われています。

垣根の支柱を埋めるのに、1メートルほど掘り下げるんですが、
掘り進める内に、土の色や種類が変化していきます。
現在作業している畑の土は、典型的なローム層で、
粘土、シルト、砂礫の順に割合が大きくなっています。

基本的に小型の重機を使う作業ですが、シャベルを使う割合も多いので、
筋肉痛で体がヒーヒー言ってます。

20090314-1.jpg

20090314-2.jpg

20090314-3.jpg

2009.03.14 10:33 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

剪定ほぼ終了

自社畑の甲州の剪定作業がやっとほとんど終わりました。
後は針金に巻きついた巻きひげなどを落とすだけ。
作業終了と同時に雪が降りましたが、翌日にはもうほとんど溶けていました。

今年は萩原農園の萩原さんにちょっとだけ指導してもらいました。
かなり強い剪定をした上、樹勢が極端に落ちていた樹を切ったりしたので、
収穫量がどうなるかちょっと心配ですが、毎年少しずつ改善して行くつもりです。

今月は新しい畑を作る作業と、苗植えが待っています。
春の訪れと共に楽しみな作業です!

20090304-1.jpg

20090304-2.jpg

2009.03.04 11:13 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

剪定の難しさ悩ましさ

寒く鼻水も凍りそうな毎日ですが、剪定作業が続いています。
今年はちょっとバタバタしていて作業が遅れ気味。
敷地に隣接する甲州の畑は、古くからある自然形長梢剪定なので毎年苦労します。

剪定は収穫量やブドウの質を決める上で非常に重要な作業。
経験がものを言う作業であり、習得するには何十年も掛かりそうです。
毎年が勉強です。


20090128-2.jpg

20090128-1.jpg

20090128-4.jpg

20090128-3.jpg

20090128-5.jpg

2009.01.28 11:09 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

自社畑甲州の収穫

先週の話になってしまいましたが、自社畑の甲州の収穫を行いました。
まだ朝日が昇ったばかりの時間から始まった収穫。

20081008-1.jpg

8月中旬までとても順調に育っていた葡萄ですが、
雨が多かったり、気温が上がらない日もあったり、秋雨が早かったりで、
例年になく天候が不安定な一年でした。

9月に入ると気温や日照時間も安定し、糖度の乗りも良く、
病気にかかった顆粒を一粒一粒落とす事で蔓延も防ぎ切り、
質、量ともに満足できる葡萄を収穫する事が出来ました。

20081008-2.jpg

20081008-3.jpg

20081008-4.jpg

20081008-5.jpg

2008.10.08 13:20 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

収穫間際の甲州

自社畑の甲州は収穫まで秒読み。
雨が多く病気が出やすい年でしたが、ここまで糖度の伸びも順調です。

天気と相談しつつですが、あと数日で収穫を行う予定。
葡萄の一年もいよいよ集大成です。

収穫が終わればすぐに仕込み。
今年は色々挑戦したい事があるので、今からワクワクしています。

20080927-1.jpg

20080927-2.jpg

20080927-3.jpg

2008.09.27 20:30 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

収穫まではもう少し

9月に入り葡萄もどんどん色付いて来ています。

ヴェレーゾンに入ってすぐの8月下旬から雨が多く病気が出てきそうな気配。
甲州葡萄には晩腐病の気配が出てきています。
気配が出ている葡萄は一粒一粒、摘粒して取り除いて行きます。
地道な作業ですが、健全な葡萄でワインを造るには避けては通れない作業。

仕込まであと一ヶ月ほど。
今年も良い葡萄が収穫できるように日々を過ごします。

20080902-1.jpg
甲州の色づき具合。

20080902-2.jpg
バルベーラの色づき具合。

20080902-3.jpg
鳥はお腹いっぱいのはずです。

2008.09.02 17:45 | 私たちのぶどう園 | コメント [8] | トラックバック [0] | 全文表示

犯人は鳥です

試験畑のバルベーラは、ようやく色付きを深めて来ています。
試験初年度の今年は枝が良く育つように、ほとんど摘房しているのですが、
残った数個の房に色が付いてきました。

甲州葡萄などより色付きが遅く、まるで色のないバルベーラになってしまうか、
本当は苗自体がバルベーラじゃないのではないかと心配もしていた程です。

そんなこんなで一安心していたのですが、
今朝畑に行ってみると、色付いてたはずの粒がなくなっていました。

犯人は鳥です。

20080821-1.jpg

20080821-2.jpg

慌てて防鳥網を取り付けましたが、残った房はほんの少し…。

棚仕立ての甲州葡萄だと鳥の被害は滅多にないので油断していましたが、
これは来年に向けて良い勉強になりました。

2008.08.21 10:54 | 私たちのぶどう園 | コメント [7] | トラックバック [0] | 全文表示

ヴェレーゾン

自社畑の甲州葡萄が徐々に色付き始めています。

これはヴェレーゾン(Veraison)と呼ばれていて、これまで硬くて酸が強かった果粒が、
着色や透明化、軟化、そして甘みを帯びて来る時期のことです。

ここまで順調に育ち、良いヴィンテージになりそうな気配ですが、
灰色がかかったピンク色が濃くなり、じゅうぶん糖度が出たら収穫。
心地よい緊張感と共に秋の訪れを待ちます。

20080810-1.jpg

20080810-2.jpg

20080810-3.jpg

試験畑のバルベーラは房の数が少ないので、なんとも言い難いですが、色付きが始まっているような気もします。
葉っぱを散々食べてくれたドウガネブイブイも連日の夕立で減少。ホッとしています。

20080810-4.jpg

20080810-5.jpg

2008.08.10 11:14 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

ドウガネブイブイ

ここ数日、バルベーラ試験畑でドウガネブイブイが発生しています。
ドウガネブイブイは、コガネムシに似ていて、ブドウやウメの葉を食い荒らす害虫。
特にまだ若くてやわらかい葉っぱを好みます。

殺虫剤の散布も考えましたが、かなり強力な薬品らしいので、捕殺で対処しています。
昼と夕方、各30匹ずつくらい捕まえるのですが、それでも葉っぱが食べられて行くので、
気持ちが折れそうになります。

試験栽培中のバルベーラですので、来季に向けてどんな対処方法が良いのか探りながら、
今日も一匹ずつ捕まえています。

20080802-1.jpg

20080802-2.jpg

20080802-3.jpg

20080802-4.jpg

20080802-5.jpg

2008.08.02 14:52 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

梅雨明けの葡萄園

先週末に全国的に梅雨が明け、猛暑が続いています。

今年の梅雨はたいした雨量はなかったものの、ベト菌が繁殖しやすい気候条件だったようで、
私共の畑でもベト病の被害が多少出ました。

摘房や摘粒、そして消毒で対応し、なんとか梅雨を乗り切った葡萄はここまで大きく育ちました。
8月半ば頃から徐々に色付いてくるはずです。

20080725-1.jpg

20080725-2.jpg

20080725-3.jpg

まだ1年目のバルベーラは、枝を育てる為ほとんど実を落としていますが、
それを逃れて育った実が少しだけあります。

20080725-4.jpg

20080725-5.jpg

2008.07.25 16:37 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

葡萄の実は日々成長中

葡萄の開花も終わり、葡萄の実も少しずつ大きくなってきました。
今年の梅雨はここまで雨が少なく、遅れていた誘引作業も今週で終わりそうです。

写真の三枚目は甲州の葉っぱ、四枚目はバルベーラの葉っぱです。
形や、質感が少し違うのが分かります。

20080619-1.jpg

20080619-2.jpg

20080619-3.jpg

20080619-4.jpg

2008.06.19 07:55 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

ぐんぐん育つ甲州葡萄

暑かったり寒かったり、このところ不安定な気温でしたが、ここに来てようやく初夏の日差し。
自社葡萄園の甲州も小さな実を結びました。

日照時間も日に日に伸びて来て、これからグングンと成長して行きます。
そろそろ害虫の動きも活発になる季節、ここから管理が大変なのです。

20080517-1.jpg

20080517-2.jpg

20080517-3.jpg

20080517-4.jpg

20080517-5.jpg

20080517-6.jpg

2008.05.17 10:06 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

今年も発芽が始まりました

甲府盆地は新緑が眩しい季節。一年で最も過ごしやすい季節です。

今年も自社畑の甲州葡萄の発芽が始まりました。
まだ葡萄畑の1/4程度しか発芽が始まっていませんが、5月になる頃には全部発芽し、
5月下旬には小さな実を付け始めます。

20080421-1.jpg

20080421-2.jpg

20080421-3.jpg

20080421-4.jpg

こちらは試験畑のバルベーラ。
イタリア系品種は国内であまり事例がなく、試行錯誤ですが、しっかり根付いて発芽が始まっています。

20080421-5.jpg

20080421-6.jpg

2008.04.21 11:32 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

バルベーラ試験畑

桜が満開のようで、関東ではお花見真っ盛りの季節です。
山梨では桃の花が満開になるまで、あと10日~2週間といったところでしょうか。

敷地南側にある甲州の葡萄園脇に、試験畑をつくりました。
植えた品種は、国内ではほとんど栽培の行われていないイタリア系品種のバルベーラ(Barbera)。
試験栽培でうまく行けば畑の面積を増やし醸造を行う予定です。

うまく育ちますように。

20080330-1.jpg

20080330-2.jpg

20080330-3.jpg

20080330-4.jpg

2008.03.30 10:14 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

自家農園、甲州葡萄の収穫!

自家農園の甲州種の収穫を行いました!
一年の間、手間隙掛けて育て、ゆっくりと少しずつ成長した甲州葡萄です。

2007年の甲州は梅雨が長く、日照時間が心配だったのですが、
梅雨が明けてからの猛暑で例年並みまで回復。
収穫量こそ少なかったものの、糖度も充分な状態。

夜の内に養分を溜め込んだ葡萄を朝早くから収穫。
今日は曇り空でしたが、雨に降られることもなく無事に収穫を終えました。

明日は葡萄の手入れをして、いよいよ仕込みです。

20071002-1.jpg

20071002-2.jpg

20071002-3.jpg

20071002-4.jpg

20071002-5.jpg

20071002-6.jpg

2007.10.02 20:25 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

色づく甲州葡萄

立秋を過ぎたのに暑い日が続いています。
今年の梅雨はすこし長く感じましたが、補って余りあるくらい毎日強い日差しです。
敷地南側にある甲州葡萄はだんだん色づいて来ました。
緑色だった果実は、日差しを浴びて少しづつピンク色に変わって行きます。
収穫まであと一ヶ月と少し。このまま元気に育つ事に期待します。

20070819-1.jpg

20070819-2.jpg

20070819-3.jpg

20070819-4.jpg

2007.08.19 15:30 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

蝉と猫と夏の気配

梅雨もそろそろ終わりで、ようやく天気も安定し、気温もぐんぐん上がりそうな夏の気配です。
敷地南側のぶどう園では蝉の抜け殻が見つかったり、猫が住み着いたり。
少し雨が続きましたが、甲州葡萄は順調に育っています。

20070722-1.jpg

20070722-2.jpg

20070722-3.jpg

2007.07.22 17:13 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

この時期の農作業

日差しも段々と強くなり、日中はまるで夏のような暑さです。
夜と朝はいくぶん涼しいので、この気温差が葡萄の生育には良いのです。

20070604.jpg
まずは芽欠きと言う作業。
このように、古い枝から生えてきた新芽は全て落としてしまいます。
また、新しい枝に生えた新芽は数本残して、あとは全て落とします。
芽を選ぶことで、新芽に栄養が行き通るようにする作業です。

20070606-1.jpg

20070606-2.jpg
次は、弦付け。新しく伸びた枝は、物凄い勢いで成長します。
これを針金に結んであげる事で、成長する方向を決め、枝が重ならないように調整します。

2007.06.07 12:18 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

甲州葡萄の小さな芽

20070602-1.jpg

20070602-2.jpg

20070602-3.jpg

今年も自社畑の甲州種が実を結びました。
まだ小さくて薄く緑がかった甲州葡萄ですが、これから太陽の光を浴びてすくすと育ちます。

もうすぐ梅雨が来るこの季節は、葡萄の手入れなどの作業がたくさんあります。
私たちも毎日畑に出て、この小さい葡萄の実の成長を見守ります。

2007.06.02 12:57 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

甲州葡萄の芽

夏暑く冬寒い甲府盆地ですが、新緑の眩しい今が一番過ごしやすい季節です。

今年も自社畑の甲州葡萄の芽が出始めました。
今月の終わりごろになると実を付け始めると思います。

20070502-1.jpg

20070502-2.jpg

20070502-3.jpg

2007.05.02 13:54 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

剪定作業

今日から剪定作業が始まりました。

剪定とは、枝を空くことによって、下層部の日射や風通しをよくし、
潅木や地被植物にいたるまで、健全に生育できる環境をつくります。
また、新しい枝を多く発生させ樹勢を増大させ樹木を若返らせ、病害や虫害の発生を予防する目的もあります。

つまりは、昨年一年間頑張った葡萄の木の手入れですが、
この作業を怠ると、良い葡萄ができません。

20070109-1.jpg

20070109-02.jpg

20070109-03.jpg

20070109-04.jpg

2007.01.09 15:19 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

2006年の甲州を収穫!

2006年の甲州の収穫しました!

梅雨が長く、日照時間が心配だったのですが、
今年の甲州は房も粒も多くて、まさに実りの秋を実感できる出来栄え。

食用としてはちょっと酸っぱさを感じる感じる甲州ですが、
糖度も数日前に18%を超え、葡萄好きな方にはたまらない味です。

明日は葡萄の手入れ。そしていよいよ仕込みです。

20061004-1.jpg

20061004-2.jpg

20061004-3.jpg

ちなみにお昼は、おにぎりとモツ煮込み。

20061004-4.jpg

20061004-5.jpg

かざま甲州 2006年新酒の予約販売も行っています。
フレッシュでフルーティな新酒、どうぞよろしくお願いします!

2006.10.04 18:47 | ワイナリーの日々, 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

7月上旬の甲州種

20060707-1.jpg

20060707-2.jpg

敷地南側のぶどう園の甲州種、だんだんと育ってきました。
梅雨が明けて、たくさんの日の光を浴びるとまた一気に成長します。

この頃の甲州種はまだ色も実も固い緑。
成長するにしたがって、皮は薄く透明がかって来るのです。

2006.07.07 10:40 | 私たちのぶどう園 | コメント [2] | トラックバック [0] | 全文表示

小さな甲州の実

DSC00505.jpg

敷地南側ぶどう園の甲州種が今年も実を結びました。
まだ小さく、薄く緑がかった甲州葡萄ですが、これから太陽の光を浴びてすくすと育ちます。

2006.05.31 13:04 | 私たちのぶどう園 | コメント [10] | トラックバック [0] | 全文表示

切り株を取り除く作業

20051110-1.jpg

切り株を取り除く作業をはじめました。
根を下ろした果樹は屈強で、重機を使った作業です。

この作業が終わればやっと更地。
新しいぶどう畑の基礎が出来上がります。

2005.11.11 16:12 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

収穫間近の甲州ぶどう

20051005.jpg

いよいよ甲州ぶどうも色付いてきて、収穫間近です。

生育状況はかなり良好。
ここにきて雨の少ないこと、日照時間、昼と夜の温度差、糖度もだいぶ高く仕上がってきています。

昨年のワインは美味しかったですが、ぶどうの出来から言うと今年は更に期待できそう。
久し振りのヴィンテージイヤーになりそうです。

2005.10.05 09:50 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

雑草や木の枝を取り除く

20051004.jpg

一週間掛けて雑草や木の枝を取り除く作業が終わりました。
次は切り株を取り除く作業です。

面積はおよそ500坪。広大とまでは言えませんが、
ここに新しいぶどう園が出来ると思うと今からドキドキします。

2005.10.04 14:32 | 私たちのぶどう園 | | トラックバック [0] | 全文表示

新しいぶどう畑をつくります

20050928.jpg

これまで果樹園として使用していた畑を、ぶどう園に作り直すことになりました。
果樹園はその利用を昨年で停止していたため、雑草が生え放題です。

草を抜き、木を切り、切り株を抜き、整地。
そして来年の春にぶどうの苗を植えます。

今のところ、垣根つくりでのカベルネの栽培を検討しています。

2005.09.28 14:29 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

2005年の甲州ぶどう

20050820.jpg

敷地南側のぶどう園の甲州ぶどう。
8月の終わりに差し掛かると、やや透明の綺麗な緑に色付いてきます。
ここまでの生育は順調。収穫まであと一ヵ月半です。

「甲州ぶどう」は日本唯一の在来品種。白ワインの醸造用品種です。

2005.08.20 17:10 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

 
PAGE TOP
(C) 2007 Kaiwinery Corporation All rights reserved.
〒404-0043 山梨県甲州市塩山下於曽910 Tel 0553-32-2032 Fax 0553-32-1903