« 甲州葡萄の小さな芽 | メイン | 紫陽花の季節 »

この時期の農作業

日差しも段々と強くなり、日中はまるで夏のような暑さです。
夜と朝はいくぶん涼しいので、この気温差が葡萄の生育には良いのです。

20070604.jpg
まずは芽欠きと言う作業。
このように、古い枝から生えてきた新芽は全て落としてしまいます。
また、新しい枝に生えた新芽は数本残して、あとは全て落とします。
芽を選ぶことで、新芽に栄養が行き通るようにする作業です。

20070606-1.jpg

20070606-2.jpg
次は、弦付け。新しく伸びた枝は、物凄い勢いで成長します。
これを針金に結んであげる事で、成長する方向を決め、枝が重ならないように調整します。

Check

2007.06.07 12:18 | 私たちのぶどう園 | コメント [4] | トラックバック [0] | 全文表示

コメント

先日は偶然、貴店に寄らせていただきましたが、
お庭や畑まで拝見させていただきありがとうございました。
カフェで飲んだジュースは息子に大好評でした。
車だったので試飲は遠慮しましたが、
次回は電車で伺えればなぁと思っております。
拙ブログに記事をまとめました。
お暇なときにでもご高覧下さいませ。

投稿者:グリンデル | 2007.06.19

グリンデル様 
先日はご来店いただきましてありがとうございました!ブログも拝見させて頂きましたが、お子様の写真もワインの写真も綺麗に撮れていて、驚きました!
お買い上げ頂きました赤富士葡萄酒は、この季節だと少し冷やして飲むと良いかもしれないです。
それでは、またのご来店お待ちしております!

投稿者:風間聡一郎 | 2007.06.19

こんばんは。
とても綺麗な写真で感激しました。
それにしても、作業の一つ一つが、美味しいワインに繋がっていくのですね。
細かくしかも、地道な作業、頭が下がります。

投稿者:土の香りのソフト屋さん | 2007.06.21

土の香りのソフト屋さん様 
お褒めいただきましてありがとうございます!葡萄は1年に1回しか出来ず、ワインもその年の葡萄に大きく左右されます。これがワイン造りの難しいところで、一番の醍醐味だと思っております!

投稿者:風間聡一郎 | 2007.06.22


コメントしてください




保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaiwinery.com/mt/mt-tb.cgi/66

 
PAGE TOP
(C) 2007 Kaiwinery Corporation All rights reserved.
〒404-0043 山梨県甲州市塩山下於曽910 Tel 0553-32-2032 Fax 0553-32-1903