..." /> 山梨のワイン 甲斐ワイナリー株式会社: 2005年09月 アーカイブ

月別アーカイブ « 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

新しいぶどう畑をつくります

20050928.jpg

これまで果樹園として使用していた畑を、ぶどう園に作り直すことになりました。
果樹園はその利用を昨年で停止していたため、雑草が生え放題です。

草を抜き、木を切り、切り株を抜き、整地。
そして来年の春にぶどうの苗を植えます。

今のところ、垣根つくりでのカベルネの栽培を検討しています。

2005.09.28 14:29 | 私たちのぶどう園 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

日本菜発見 テレビ朝日

20050927.jpg

日本菜発見

テレビ局:テレビ朝日
放送日:2005年10月30日
内容:醸造所での絞りたて果汁の試飲や、かざま甲州にまつわる話、試飲してのマリアージュなど。TAKE2の東貴博氏が来社。
参考リンク:http://www.asahi.co.jp/shizen/

2005.09.27 12:49 | 主な掲載メディア | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

日本の食卓に日本のワイン、今、国産ワインが注目です

20050921.jpg

この夏の炎暑で当園の甲州葡萄はたっぷりと甘さを蓄え収穫の時を待っています。甲州種(日本葡萄とも呼ぶ)は718年と1186年発祥の二つの伝説が伝わっています。いずれにしても800年とか1200年の間造り続けられたのですから日本の気候風土、日本人の味覚に合っていたという他ありません。

我が社の白ワインは全てこの甲州種から造られます。甲州種からタイプの違う5種類の白ワインを造りますが、この時期だけの新酒をまもなく蔵出しいたします。

>> 新酒のイベント詳細はこちら
>> 新酒のご予約はこちら

蔵出し直後のワインには、まだ醗酵し続けたいというエネルギーが残っており、これが、新酒特有の弾けるような味わいとなります。このエネルギーは時間の経過とともに落ち着き安定した旨味となりますが、この時期だからこそ楽しめるまさに旬の味わいと言えます。

一般に甲州種を原料とするワインには甘いものが多いのですが、当社の新酒はさわやかで、かつボリューム感もある辛口に仕上げます。そうすることで相性の良いお料理を選ぶ範囲も拡がり互いに活かしあえるのです。

2005.09.21 19:37 | 私たちのワイン | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

ワインとコーヒーとケーキ

20050919.jpg

ワインカフェ古壷のホームページをリニューアルしました。
http://coco.kaiwinery.com/

江戸時代の土蔵を甦らせた静かな空間の中(国登録有形文化財)で、甲斐ワイナリーの全ての銘柄をベストな状態・リーズブルな価格で、おつまみとともにゆっくりお召し上がり頂けます。
香り高いコーヒーやホームメイドのケーキなどもご用意しております。またご予約でお食事の用意も承ります。

2005.09.19 11:28 | ワインカフェ古壷 | コメント [0] | トラックバック [0] | 全文表示

 
PAGE TOP
(C) 2007 Kaiwinery Corporation All rights reserved.
〒404-0043 山梨県甲州市塩山下於曽910 Tel 0553-32-2032 Fax 0553-32-1903